ども!しんしん(@n_vestor)です。

経済的自由を手に入れるために不動産投資をはじめよう!っということで2019年にはじめて不動産を購入しました。

「不動産投資」と聞くと、何千万円もするアパートやマンションをイメージを持つ方が多いと思いますが、ぼくが買ったのは築30年の平屋の戸建てです。

なぜこの物件を購入したのか、についてまとめたいと思います。

平屋の戸建を買った理由

決め手を一言でいうなら「収益が見合いそうだったから」なのですが、それだけだと漠然としてるので、もっと具体的に書きますね。

実際の物件の中を紹介しているので、本記事と動画をセットでご覧いただくとわかりやすいと思います。

部屋数が少なく程よいボロ具合

不動産投資をはじめるにあたっては1件目はできる限り自分でDIYリフォームをしたいと考えていました。

リフォーム業者に丸投げではボッタくられそうだし、そもそも業者の選び方もわからないですから…。

ただ、、、自分でDIYリフォームする!といっても、これまでDIYの経験がないので、自分でどこまで修繕できるのかわかりません。

また、部屋数が多かったり部屋が広い場合は材料費も工期もかかります。

DIYで修繕してみたい気持ちと、自分のDIYスキルを照らし合わせてみたところ…築30年の3K程度の狭小住宅がちょうどマッチしました。

平屋だから屋根や配管の修繕もしやすい

2階建ての屋根に登るのは怖いけど、平屋だったら屋根に登って修繕もできるだろうと考えました。

内覧時点では雨漏りがあったわけではありませんが、築30年を超えると雨漏りの覚悟も必要だろうと覚悟しているということです。

また、平屋であれば外壁塗装をする際も足場を必要とせず、DIYでできると考えました。

家から通える

DIYリフォームをするには何度か現地に行く必要があります。
DIYに慣れていたら、どれくらいの工期がかかるのか予測できますし、段取りよく進めることができますが、ぼくはド素人。

何日かかるかわかならいので、10回、20回と現地に足を運ぶ必要があると思い、通える距離の物件にしました。

一応補足しておくと、物件を選定するにあたっては、

  • アパートに比べて差別化しやすい
  • 工場があり賃貸需要がある
  • 駐車スペースがある

など、基本的な要素はクリアしている物件の中で選んでます。(選んだつもり…)

リフォームの目標

この1号物件は、家賃を安めに設定してそのまま賃貸に出すこともできたのですが、今後を見据えて可能な限りDIYでリフォームをすることにしました。

  • 和室を洋室にする
  • 和式トイレを洋室トイレにする

築古物件は、和室・和式トイレであることが多いから、もしこの2つを自分でリフォームできれば、今後の物件でもそのスキルを活かせますからね。

すべてDIYで直してリフォーム代を安く済ませたいわけではないのですが、今後に繋がるスキルを上げたいと考えています。

YouTubeでリフォームの様子を公開しているので、よろしければご視聴ください。動画は順次追加していきます。